イヴサンローランのアンクル ド ポー オール アワーズ ファンデーションでつい触りたくなる洗練されたフォギー肌

Miyu
みなさま こんにちは!

Miyu@precious_muse)です。

透き通るようなツヤ肌も素敵ですが、つい触りたくなってしまうようなフォギー肌もこの季節には魅力的だと思いませんか?

ただ、簡単に若々しい肌に見せることができるツヤ肌とちがって、フォギー肌は一歩まちがえると、乾燥して見えたり厚塗りっぽく見えて、結果的に老けて見えてしまったりと少し注意が必要…。

これを避けるにはファンデーション選びが重要になってくるのですが、私のオススメをご紹介したいと思います。

今回は、フォギー肌に挑戦したい方にオススメのファンデーション、イヴサンローランの “アンクル ド ポー オール アワーズ ファンデーション” のご紹介です。

スポンサーリンク

アンクル ド ポー オール アワーズ ファンデーション

アンクル ド ポー オール アワーズ ファンデーション

アンクル ド ポー オール アワーズ ファンデーションは、ハイレベルなカバー力で透明フォギー肌に仕上がるリキッドファンデーションです。
 
ソフトフォーカス効果をもたらす、球状のシリコンレジンを配合で、肌悩みをしっかりとカバーしながら、透明感あふれる自然で厚塗り感の無いふんわりとした肌になれます。
 
自らの重さの3.5倍もの水分・油分を保持することのできるパーライトとエアロゲルのコンビネーションにより、汗や皮脂を瞬時に吸収するので、仕上がりの美しさが1日中持続します。
 
スポンサーリンク

 

使用感

今回は標準色のB30をレビューしていきます。

B30はベージュ系のミディアムカラーです。

B30(標準色)

日本人の肌に合わせたカラー展開で、ベージュの明るめから暗めのラインナップ。

ピンクベージュやイエローベージュのカラーがないのがちょっと残念…。

色白ブルべさんにぴったりなカラーがない印象ですね。

カバー力があるのに、どこか素肌感も感じる

手の甲に塗ってみると、やっぱりカバー力がすごい。

私の場合は、このファンデーションのときはコンシーラーは使いません。

大体の粗はカバーできてしまうので、完璧を求めてコンシーラーを使ってしまうと、冒頭でお伝えした通り逆に老けた印象になってしまうから。

素肌感のあるフォギー肌を目指すなら、よほどの粗がない限り、コンシーラーは使わない方がオススメです。

 

ツヤ感を抑えた上品フォギー肌

 

SPF20・PA+++なので、真夏や長時間屋外にいる場合は、下地や日焼け止めにUVカット効果の高いものを使ってくださいね。

夕方になるとTゾーンが少しテカってしまいますが、ティッシュで軽く押さえれば問題ない範囲です。

崩れ方が汚くないので、お直しもしやすいですよ。

あと、ブルーベースの色白さんの場合は、夕方になるとちょっと黄ぐすみが気になると思います。

パープル系の下地やフェイスパウダーで黄ぐすみ対策をすると、あまり気にならなくなるので、ブルべさんは参考にしてみてくださいね。

 

まとめ

ツヤ肌ブームが続いていますが、上品なフォギー肌もバリエーションにいれると、オシャレの幅も広がるし、特にフォーマルなシーンで大活躍します。

透明感のあるフォギー肌に挑戦してみたい方は、ぜひゲットしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク