サンタ マリア ノヴェッラの高貴なローズコロンで気品を纏って

みなさまこんにちは

Miyu(@precious_muse)です。

ふとした瞬間にふわっと香る、素敵な香りを纏っている方って、もうそれだけで女性としての魅力が全開な気がしませんか?

素敵な香りは世の中にたくさんありますが、中でもローズの香りは女性らしい香りの代表格ですよね!

バラの花の起源は古く、その気品ある美しい香りはクレオパトラをはじめとする絶世の美女たち、王侯貴族などの高貴な方々に愛されてきました。

今回は、私が愛用している極上のローズの香水をご紹介します。

スポンサーリンク

サンタ・マリア・ノヴェッラとは

サンタ・マリア・ノヴェッラ オーデコロン ローザ

世界最古の薬局として知られるサンタ・マリア・ノヴェッラ

イタリア フィレンツェにあるサンタ・マリア・ノヴェッラは、現存する世界最古の薬局です。

ドミニコ会の小さな修道院で、修道僧たちが薬草を栽培し、薬剤を調合していたのが始まりです。

この修道院が後のサンタ・マリア・ノヴェッラ教会へと発展していきます。

そして、当時莫大な富と勢力を持っていたトスカーナ大公(メディチ家)から、王家御用達製錬所の称号を受けることとなります。

16世紀には正式に薬局と認められ、カテリーナ・ディ・メディチがフランスのアンリ2世へ嫁いだ際に特別に調合された「アックア・デッラ・レジーナ」は、カテリーナ王妃によりフランスにもたらされ、その後ブルボン王朝の貴婦人たちの間で大流行しました。

これが、現在のオーデコロンの起源といわれています。

こだわり

サンタ・マリア・ノヴェッラは、長い歴史と伝統によって育まれてきたレシピを守りながら、新しいクオリティを追求し続けています。

人の手も時間も惜しみなくかけること、一切の動物実験を行わないことなど、中世の頃から変わらないこだわりで、すべての製品が細部に渡る厳しい審査により製造されています。

そのため、生産される量には限りがありますが、最高品質の原料にこだわり、創立者の修道士達が当時から創り上げてきた手法や哲学を忠実に守り続けているのだそうです。

フィレンツェ郊外に広がる丘で、今も当時と変わらず天然栽培で育てたハーブや草花を使用して作られた香りには、フレッシュでありながら奥深く、人を惹きつける魅力に溢れています。

スポンサーリンク

ローザ

“ローザ・センティフォリア”

“五月バラ”を彷彿とさせる、繊細ながら華やかな香りなのですが、全体的にクラシカルな印象です。

高貴なローズの香りで気品を纏う

トップノートは、優雅で気品のある鮮やかなフレッシュローズの香りです。

30分ほど経つと、柔らかく清潔感のある香りに変化します。

上品なローズの香りに石鹸のようなパウダリー感が加わって、洗練された香りです

ラストノートになると、ほのかにパチュリが顔を出し、濃厚で質の高い香りを届けます。

微かに鼻をかすめる甘さが、さりげない色気を演出します。

サンタ・マリア・ノヴェッラでは、常時40種類ほどの香りがあるので、自分にぴったりな香りを見つけるのもオススメなのですが、まずはローザを試してみてください。

日々たくさんの香りと接している店員さんが “別格” とおっしゃるほどの極上の香りです。

まとめ

天然成分でできているコロンなので、優しく香ります。

香水の香りがキツくて苦手でも、サンタ・マリア・ノヴェッラの香水は大丈夫という方が多いそうなので、今まで敬遠していた方にもオススメです。

オーデコロンなので、香りの持ち時間は1~2時間と言われていますが、ローザはもう少しもちます。

私はアトマイザーに入れて持ち歩いて、香りを感じなくなったら付け直すようにしています。

お気に入りアトマイザー

私は、お風呂あがりに軽くつけることもあります。

天然成分なので香りに酔うこともなく安心です。

こうすると、寝るときにバラの香りに包まれるので、幸せな気持ちになれるのでオススメです。

ネットでも購入することはできるのですが、ぜひ店舗に足を運んでみてください。

お店に入った瞬間から、心地よい草花のアロマが全身を包んでくれます。

ゆったりとした空間の中での香りのテイスティングは、とても贅沢なひと時ですよ!

そして、いつ足を運んでも接客が素晴らしいです。

お店に足を運ぶことで、サンタ・マリア・ノヴェッラの世界観を感じることができるので、よりコロンに愛着が湧きます。

ボトルのデザインも素敵なので、プレゼントにも喜ばれます。

裏側のエンボス加工も高級感があります。

サンタ・マリア・ノヴェッラのコロンはすべてユニセックスなので、パートナーと一緒にお互いに相手似合いそうな香りを探してプレゼントしあうのも素敵ですね。

みなさまも、王侯貴族に愛された高貴なローズのコロンで、気品を纏ってみませんか?

スポンサーリンク